たけかな@no road around but behind

そこらへんにいる人10を網で捕まえてきて、10でさっくり割ったような典型的に普通な大学生の微妙な日常をてきとーに書いていきます。たぶん結構大部分がN/functionだと思うのですが、軽く横目で流し読みしてってくださいw(意味わからない)
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
page*top
 
TOEIC
O/Bでsolはでた。
ただし、ディベート界の平均からはかなり下だと思われる。

いいんだもん。インタゲ取った国と取ってない国とを比べることが重要なんじゃない。
インタゲ取った国の前後を比べるのが重要なんだ。
debate | permalink | comments(7) | trackbacks(0)
page*top
 
かわいい。
・浅田舞
「妹は選手として尊敬しているし教えてもらうことがたくさんある。すごい妹をもってよかったなって思います」
っていう言葉をいえるところがすごいなーと思った。
美人だし。スタイルいいし。元モデルだし。

・ダコダファニング
やばい。あんな娘がほしいと思う父親の気持ちがわかるかも。

・くまきち
最近クリスマスバージョン。
雑記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
page*top
 
公私混同
ものすごくみっともないね。
debate | permalink | comments(5) | trackbacks(0)
page*top
 
日本人の法嫌い
今日の比較法文化論の授業は面白かった。

従来から、訴訟嫌い、法嫌いは日本人の国民性とされてきた。
それは、根底にある権利意識が低いからであると。

更にその原因は、第二次世界大戦で負けて上から権利を与えられたのであって権利を勝ち取ったのではないからだ、いやいや江戸時代の落語にすら大岡裁きに持ち込むのは強欲なやつだけというような価値観が現れているから、これはもっと日本人の民族に根ざす問題なのだ・・・云々。

「日本人の法意識」のなかで川島武宜教授は日本人の法嫌い、少なくとも積極的に訴訟をして権利を主張することを好まない日本の文化についてはじめて言及した。同じ頃、海外で活躍していた野田良之教授は「日本法入門」(日本語訳はない)で同様のことを主張していた。

なるほど、確かに、「裁判沙汰」という言葉に表れているように、日本人は訴訟をあまり好まない。「刃傷沙汰」と同じような−イメージであるということだ。
アメリカで熱いコーヒーを店員に渡され自分でひざにこぼしてやけどを負ったことにつきファーストフード店に損害賠償が命じられたり、猫を電子レンジで乾かして爆発して猫が死んだ件で、電子レンジ製造メーカーが「猫を乾かしてはいけない」と取扱説明書に書かなかったとして慰謝料請求が命じられるなど、全く日本では考えられない。
さらに、隣人訴訟で有名なように、人が訴訟に持ち込むことに対してすら嫌悪感を示す。

だから、文化的に好まないと言われたら、確かにと納得できる部分もある。

しかし、それはそう簡単なことではない。
法律を勉強していない人でも知っているように、日本では訴訟コストが他の国に比べて著しく高い。
だから、訴訟をしたくてもできないという現実がある。むしろ、それは制度上の問題であるというのだ。
これがヘンリーの「費用説」である。

これも確かに、という感じである。
しかし、確かに、これで日本人が訴訟をしたくないという感覚は説明できるが、訴訟をする人に対して日本人が感じる否定的な印象は説明できない。

これらの説は両方とも、日本人の権利主張に対する意識の低さを前提としている。

それに異を唱えたのがラムザイヤーである。
彼は「法と経済学」のなかで主張する。

紛争当事者のどちらにとっても、金と時間をかけて訴訟を最後までやり、判決を得るためのコストは、示談や和解といった妥協をするためのコストより、通常はかなり高い。そのような場合に、判決が命じられるであろう金額を両当事者が同じように予想し、しかも双方とも富を極大化しようと合理的に行動するならば、訴訟は選択されず、妥協を選択するはずである。
そして、そのためには、訴訟になった場合の裁判所の判断を予測しなければならない。
もしも正確に予想できるならば、カネと時間をかけて訴訟をする必要がなくなるわけである。
CP sol=Plan solでCPのsupeがtime and costとなるわけだ。

これを前提に、例えば交通事故訴訟を取ってみると、日本では保険制度の発達と、交通事故訴訟の判例のかなり詳細な類型化を背景に、被告側の保険会社と原告側の保険会社によって、過去の判例に従った運用がなされているという実態がある。
日本ではかなり正確に、裁判になった場合を予測できるということである。

つまり、裁判の結果をかなり正確に予測できるからこそ、わざわざ裁判をしないだけだ、というのがラムザイヤーの主張である。

この説はかなり説得的であるように思う。
裁判の結果を正確に予測できるならばコストを考え日本人が訴訟を控えるのもわかる。さらに、訴訟をする人というのは、先例に従わずわざわざ訴訟を提起する変わり者と認識されるため、否定的な感情を感じるというわけである。

この説を前提にするならば、日本人はむしろ法嫌いどころか、判例の類型化という形で法律を日常生活に浸透させていることになり、むしろかなり法意識が浸透している国民ということになるだろう。少なくとも交通事故訴訟においては。

これは、アメリカとの比較からも支持される。

日本ではなるべく職業裁判官が一般的抽象的規範を立ててから個別具体的な事件について検討する上、具体的な損害賠償の基準・逸失利益の基準を公表しているが、アメリカでは陪審員が個別具体的に(時には感情的に)検討するから全く類型化できない上、損害賠償の客観的基準も存在しないため、全く予想ができない。従って実際出たとこ勝負、訴訟によるしかないというわけなのである。
実際アメリカ人が「できれば訴訟によるべきでなく調停をすべき」と考える傾向は日本人の場合とほぼ同様という結果が出ている。

アメリカ人は訴訟好き、日本人は訴訟嫌いという凝り固まった考え方は、もう過去のものとなりつつあるということである。

逆に、訴訟を行わなくても訴訟を行ったと同じ結果を得られることが国民の間で無意識に浸透しているからこそ、訴訟を行う人・訴訟を行うこと自体に対して否定的な意識が有り、それが訴訟結果を予測できない類型の事件(先例がない事件など、会社に対する知的財産権の主張等)に対してまでも、その否定的な意識が波及していることに問題があるといえる。
雑記 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
page*top
 
自由
選択の自由は多ければ多いほど良いってわけでもない。

特に、選択のテーマが重大で、何を選択すべきだったのかの答えが出ないとき。

フリーターやニートが生きられるのは幸か不幸か。


「作文のテーマは自由に自分で決めてください」
何を選んだっけ。
雑記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
page*top
 
豆乳2
おなかの調子が良くない

ぜったい豆乳のせいだ、くっそー
全て湯葉にするぞ、コラ
雑記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
page*top
 
マリン
マリンこと東京海道日動を皆様ご存知でしょうか
続きを読む >>
雑記 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)
page*top
 
豆乳
巷で流行っている(既に曲がり角にさしかかっている気がするが)「豆乳」

私は以前ペットボトルの記事で書いたように、牛乳が嫌いだ。
甘くないくせに、しつこくて
のどにひっかかって
飲んだあと舌が白くなるのが許せないし
カロリー高いし
廃れつつあるし(C/Aペットボトルの記事)
身長が伸びるとかいって私を詐欺ったし
この前間違って調整牛乳を買ったら薄くてドンまずだったし。

で。
それに比べて豆乳は
女性ホルモンが多いし
カロリー少ないし
体によさそうだし
しつこくなさそうだし
舌も白くなならなそうだし
流行ってるし。

いわば、バターに対するマーガリンみたいな?
そんなつもりでいました。

しかし、間違ってました。
調整豆乳と無調整豆乳があって、
この前、成分調整牛乳を買って激しく失敗したから、今度はやっぱり無調整でしょ!
とかおもって、無調整豆乳を買ったんですけど。

げ・き・ま・ず☆

勢いあまって1.5リットル買った自分を恨みます。
雑記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
page*top
 
ルールの適用について
AJが終わりました。
コミの皆さん、パンツの皆さんお疲れ様でした。
ここで、私から僭越ながらディベート界に一つの問題提起があります。
迷ったのですが、やはり、KAEDEのプレジデントという立場上、気づいたからにはいったほうが良いのかなと思って。

先日行われたAJ全国予選で、ディストーションがありました。
ディストーション自体大変問題で、憂うべきことだとは思いますが、ここではディストーションそのものではなくて、ディストーションにかかわる規定についてです。

4.[不当なエビデンス]本規則第四−二条第5項の不当なエビデンス使用チームの所属サークルには厳重注意を行い、それが著しく不当であると判断される場合には使用チームの当該大会に於ける一切の資格剥奪、又はそのチームの所属サークルの本協会主催大会の次回以降の参加資格を剥奪又は停止を行う。予選並びに本選ラウンド中に、不当なエビデンスを使用したチームは当該試合で無得点敗北したものと見なす。但し、予選中は当該チームは全ての試合に参加する権利を失わない。予選並びに本選中でのこの処分の判断はジャッジからの報告後直ちに行われ、次のラウンドの始まる前にこれを実行する。処分が同条第4項の不当と認定された不備のエビデンス使用に対して行われる場合、本選終了前は次の最も近いラウンドの前に行われ、本選終了後はそれが確定した日付を以て行う。この場合、既に行われた試合の判定、得点等の変更は一切行わない。

AJでは、ジャッジからの報告に基づいてevidence検証委員会が設けられ、不当なevidenceだと判断され、そのevidenceを使ったチームはそれにより敗北となりましたが、無得点にはなりませんでした。
それは運営上無得点にすることは時間との兼ね合いから難しいと判断されたからと、AJはNAFAに準拠するというだけだから一部適用でも良いのではないかということになったからだと聞いています(又聞きなので、違ったらごめんなさい)
しかしながら、準拠というのは「NAFA規則だから○○大会に直接適用はできないけれども、趣旨に照らしてNAFA規則を同様に○○大会にも用いる」という意味であり、規則をよりどころとして適用する、則る、従うという意味なので、やはり[準拠する]というふうに表示するからには、全部適用をすることを意味します。
さらに、NAFA規則以外に客観的基準がない以上、インビテーションを見たパンツはNAFA規則が適用されると考えるのが当然なので、NAFA規則以外の基準を用いるのであったら、最初から規定しないと予測可能性を害します。規則に準拠としておいて、どこまで適用して適用しないかは勝手にその場で判断できるとなったら、規則の意味がありません。

しかし、もし実際上の不都合がなければ、時間との兼ね合いから、ただ敗北させるだけにしてもよかったのではないか、ということになると思います。
しかしながら、相手の点数がゼロになるかならないかは、ディストーションを指摘したチームの点数に大きく関係するのです。

WS、LS:勝者、敗者のスピーカー・ポイント(素点)合計
WT、LT: 勝者、敗者のチームレーティング
WP、LP: 勝者、敗者のチーム・ポイント
WP = WS ÷ (WS + LS) ×{1 + (WT + LT) ÷ 20}× 100
LP = LS ÷ (WS + LS) × (1 + LT ÷ 10) × 100

となります。
よって、相手のチームが低ければ低いほど得点が上がるのです(つまり2チームでどちらがパイをいっぱい分け合えるかの問題だから)
で、実際の試合では、ディストーションを指摘したチームは60.4843でしたが、もし相手が規定どうりに無得点敗北していたら点数は112.5になっていたはずでした。
でもって、規定に反し相手が無得点敗北にならなかった結果、このチームはサプリになってしまいましたが、もしも、規定通りだったら、全国予選を4位で通過していたはずでした。
このように、実際結果にこれだけ大きな差が出てしまうことになります。
規則に従い相手方が無得点になるとおもってディストーションを指摘したのかもしれないこのパンツが、不公平感を感じても仕方がないと思います。

相手にディストーションを使われ、更にディストーションだと証明しなければならないという重い負担を背負うのだから、相手方は無得点敗北になり、そのぶんの恩恵を受けるというのは利益衡量上も妥当なのではないかと思います。


で。
私が何を言いたいのかというと、というか、なぜこんなことをわざわざブログに書くのかというと、これが別にAJを批判しようとかそういう意図ではないのです(てかコミ好きな人ばっかだしw)。この問題だけなら、別に個人的にメールするとかすれば良いと思うので。でもこの問題がディベート界全体の規則に対する姿勢の問題だと思っているから、わざわざブログに書きました。
正直言って、AJではevidence検証委員会がきちんと開かれたこと自体が、すばらしいことだと思います。私が知る限りでも、パンツからディストーションの指摘があったにもかかわらず、ジャッジが大会に報告せず、evidence検証委員会が開かれなかった例が2つあります。
しかしNAFA規則は

7.[不当なエビデンスの処理]ジャッジは前項による不当なエビデンスの摘発があった場合、如何なる場合についてもこれを主催者に報告せねばならない。この際エビデンスが不当なエビデンスかどうかは処分委員会が判断し、そこで不当であると認定されたエビデンスは当該試合中に於いてのみ一切の証拠能力を失う。又、それを使用したチームは、本規則第五−二条第4項に規定された処分の対象となる。

としており、本来はジャッジが勝手にそのくらいディストじゃないだろうとか、これはやばいからアゲインストしてやる!とか判断して良い問題ではないのです。ラスリバまで伸ばされなかったとかそんな問題でもありません。
かならず主催者に報告してevidence検証委員を構成して議論しなければならないのに、実際にはなあなあで終わりになっていることがとても多いです。
ジャッジに勝手に却下されてしまったのでは、この規則どおりの運営をされるであろうと考えてディストの指摘をしたディベーターが不公平感を感じるのは当然でしょう。
その意味で、今回EVIDENCE検証委員会が開かれたこと自体、規則に則ろうという姿勢でこれまでよりはずっと良いと思います。
しかしそれでも、やっぱり運営の必要上規則にのっとらない部分があり、これはAJだけではなくディベート界全体が(ジャッジもディベーターも)あまりNAFA規則のことやチームのポイントの計算方法のことを知らないことが問題なのではないかと思います。

この規則がやりすぎだと思うなら、各大会の主催者はインビテの段階で変更することを宣言したり、新たな規定を設けたりしてディベーターの予測可能性を担保すべきではないでしょうか。

***

他にもディベート界全体で、ないがしろにされている規則があります。
かくいう私も規則を知らずに失敗しました。

1、本選における試合の放棄
10.[本選での試合の放棄]本選で同一サークルの二チームが対戦する場合に限り、その一方のチームは不戦敗を主催者に宣言することにより試合を放棄することが出来る。その際、その試合を放棄したサークルはその大会に於ける権利を失わない。

私はこの規則の存在を知らず、KAEDEで同志社のパンツに無理を強いてしまいました。
「同志社対決になってしまったので、サプリを出場させないで辞退したいがその場合、関東に来ないで辞退ができないか」
という質問に対し、この規則を知らず、また調べることもせずに、
「レジ落ちだとサプリが出られるのだから、それと同じでレジストはしてもらわないと、サプリを出すことになってしまう」と言ってわざわざ関西から来させてしまったのです。
大会における権利を失わずに放棄ができるなら、サプリを出させずに相手を勝たせてあげることが同一スクワッドならできたということです。
反省しています。

2、遅刻サプリに関する規則

7.[対戦チーム不在時の不戦勝]各々の試合に於いて、定められた場所・時間に対戦チームが現れなかったチームは、不戦勝となる。

8.[不戦勝時の得点]予選中に不戦勝となったチームは、当該試合でそれまでの当該チームの平均チームポイントを得たものとする。予選第一試合に関しては、予選第一ラウンドでの全てのチームの平均チームポイントを得たものとする。但し、予選全試合終了後には、当該チームの全試合の平均チームポイントを当該試合でのチームポイントとして補正を行う。

9.[不戦敗時の得点]予選中に不戦敗となったチームは、その試合に於いて無得点であったものと見なす。但し本規則第四−一条第1項で規定された、やむをえない事情での遅刻による不戦敗のチームは、本条第8項に準じた点数を当該試合で獲得したものと見なす。

かつ
1.[予選中の遅刻]予選中、交通事情等のやむを得ない場合を除き、主催者の指示した場所・時間に集合もしくは所定の手続きを行わなかったチームは、当該大会に於けるその権利を放棄したものと見なす。その際、当該チームは各予選中の全ての試合に参加する権利は失わない。但し大会の各予選第一ラウンドの場合は、やむを得ない事情といえどもこれを考慮しない。第一ラウンド以外での交通事情等による遅刻は、その当該試合は不戦敗となるも大会中に於ける権利は失わないものとする。

2.[本選中の遅刻]本選中に主催者の指示した場所・時間に集合もしくは所定の手続きを行わなかったチームは、当該大会に於ける一切の権利を放棄したものとする。但し、交通事情等のやむを得ない事情による場合は、不戦敗となるも大会に於ける権利は失わない。

というわけで、本来サプリというのは、偶数の場合には出る可能性がないはずなのに(レジ落ちした相手のパンツは不戦勝となるはず)、この規則を全く無視して(というより知らずに)、レジ落ちしたパンツのかわりにサプリを勝手に出そうと思っていました。
別にレジ落ちパンツの代わりにサプリを出すことがいけないことだとは思いませんが、せめてインビテの段階で、「KAEDEはレジ落ちしたパンツの代わりにサプリを出す。この部分にかんして矛盾するNAFA規則はこれを適用しない」旨、書くべきだったと反省しています。
こういう一つ一つの行為が、規則を骨抜きにして行ってしまうのだと。

3、相手に渡すevidence
9.[資料の吟味]試合中ディベーターは、その試合の中で相手側によって読まれたエビデンス等の資料を借りてこれを吟味することが出来る。相手側からこれについて請求があった場合ディベーターは速やかにその資料を提出しなければならない。借りた資料は、それが不必要となったとき及び相当な時間を経て返還の請求があった場合には、速やかにこれを返還しなければならない

にもかかわらず、私はバロットに
「相手にevidenceを渡すというのは単なる慣習・紳士協定だから渡す必要はないよ」
とかかれたことがあります。
私がこの規則を知らない一年生だったら、信じてしまうことでしょう。
ジャッジも規則にもっと高い意識を持つべきだと思います。

***

何で今更こんなことをブログに書くのか。
それは、KAEDEも引退してしまった今、私がプレジとして、ディベーターとして、気づいたことは次期KAEDEだけではなくて、ディベート界全体に知っていただきたいと思うからです。
特にこれからまだ大会のあるコミの方には是非、NAFA規則を読んで欲しいです。NAFA規則を適用しない部分が大会にあるなら、それはインビテなどに明記すべきです。実際又同じような問題が起きた場合のためにと思って、私の失敗談も上に書きました。

規則は、ディベート界の公平性を担保するものであり、ゲームであるディベートには公平性はQLの高いimpだと思います。したがって、予めある規則には従うべきだし、それが不都合であれば、規則自体を前もって変えておくべきです。
だから、ディベートにおける不公平感をなくすためにも、私も含めてコミだけでなくディベーターもジャッジも、規則をもっと知り、もっと規則に則る姿勢をもつべきではないかと思います。
続きを読む >>
debate | permalink | comments(16) | trackbacks(0)
page*top
 
久しぶりに更新
金曜日。
けにーさんが東京に来るということで、私とけにーさんと添田さんで、おいしいものを食べに行こうのコンセプトの元集まることに。
けにーさんの希望により和食が良いということで、前もってリサーチ、夕飯前はどうするかってことになり、上野の博物館でやっているミイラと古代エジプト展に行くことになって添田さんがチケットをとり、その前は何をするかってことになり、結局お昼前に集まって軽く食事したあとショッピングに行くことにした。

昼食のエレベーターの中でのこと。
けにーさんのお姉さんの彼氏にけにーさんが来週のオルジャの日曜にあうらしいという話を聞いて、
私「ジャッジはしないんですか?」
けにーさん「するよー」
添田さん「お姉さんの彼氏を?w」
といって、文字にすると何も面白くないけど、その場ではそれなりにテンポがよかった。
そして添田さんもちょっと満足そうで、それを私とけにーさんが「ちょっと良いこと言ったと思ってるでしょ」というと、すねて「もう面白いこと思いついてもいわない。思いつくけどいわない」
とかいってた。それだけ。

お昼はまあ普通に。私はデミオムライスにした。
けにーさんとたとえ味が同じだとしても、500円のパスタより900円のパスタを選ぶというところで見解が一致した。
価格破壊もTAになりえるってことですな。

食べ終わった後、「プリクラ取りましょうよー」といったら二人に「一人で取れば?」とハモられた。
かわいそう。私。

そしてマルイシティーへ。
最初men'sに。
けにーさん愛用のコムサとか行った。男物の服は高いなーと思った。
けにーさんはバーバリのコート(高い。。)を買おうという7−8割がたの心証形成を得ていた。茶色のコートで金の金具がアクセントでよかった。

次に女性ものを見に行った。
私はなんか買おうかなーと思っていたので、二人に見立ててもらうことに。
添田さんがジーンズの試着をしろというからしたのに、来て出てきたら
けにーさん「スカートの方が似合う」
添田さん「太ももがボンレスハムみたい」
だからいやだっていったのに!(><)

けにーさんと添田さんは半分以上、店員さんの服より、中身を見て「かわいい」とか「かわいくない」とか言っていた。

しかし、なんだかんだいいつつ、二人が選んだ服を試着して、意外に気に入ったので買う。明日きていきますw

あーそろそろ寝ないと。続きは又明日にでも。

debate | permalink | comments(4) | trackbacks(0)
page*top
 
SPONSORED LINKS
CATEGORIES
RECENT ENTRY
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE